今日もハッハッハ


by tcgnote

カテゴリ:未分類( 6 )

緊張してしまうのが嫌だ

緊張していると起こっている人を目の前にして、ドキドキとした心臓の動悸が聞こえてしまいます。こういった症状をどうにかしなくてはと思うのですが、激しく動揺したり、とても緊張してた医療の汗をかいたりするもの。こういったのが本当にいけないことなんですが、どうにかしないと緊張が大きな影響して、精神的にもやられてしまうわけなんですよね。頭が真っ白になったり、顔がこわばってしまって表情が固まってしまったりもする。

体が思うように動かなくなったりする人もいるために、このようなことをうまく改善しておかないと本当に後からが怖くなる。会社の上司や先輩などとの会話が極端に苦手だという人はダメな人間だと思われたり失敗して叱られたりすることが合ったりするはず。こういったのって、緊張したり上がり用の人では本当に致命的なほど辛いことになってしまう。満足な受け答えができなかったり、的はずれなことを起こってしまったり、、、起こられたらかなり前に勧めなかったりすることもある。不安から何も言えなくなってしまい、他人の攻撃的な行動に敏感に反応してしまい、社交不安障害に発達してしまうことも。やりたいことが合っても緊張のせいでできずに諦めてしまうことも。どうしたら良いのか、どんなことをしたらいけないのかを考えて、自分にとってどのようなことをしたら悩んでいる部分を改善できるのかを考えておかなくてはいけませんね。早い段階から緊張しない薬などを服用して、自分のほんとうに辛いようなことをどうしたら良いのか考えてからうまく改善しておくことが重要。こういったことが自分のほんとうに辛いことになるはず。

[PR]
by tcgnote | 2016-04-10 15:28

使うポイントを考えて

長時間にわたってディスプレイを視線で使っていることはあまりよろしくないんですね。目の疲れやかすみ目、痛みが現れたりすると、本当に嫌なことになるために、自分にあっための使い方をしておくことが大事。目の負担をできるだけ和らげるために、作業環境の工夫が大切になるはず。小さすぎる文字はできるだけ表示しないように、そして文字色と背景のコントラストもできるだけ下げるようにする。こういった小さなことを、コツコツと行っていくことが重要になるわけなんですね。

決して視力が良くなるわけではないのですが、自分にあったことをどれだけ考えてからやろうとするかで大きくかわるはず。そして周囲の背景や証明が写り込まないように奥一を調節してもいいと思う。窓のブラインドやカーテンでの調節も有効になるはず。

作業時間の姿勢止めの使い方もそうなんですが、多くの眼精疲労は首や肩残りなど、姿勢から来ることが多い。ディスプレイと目の前は50センチを意識してから使うようにしたいところ

[PR]
by tcgnote | 2016-02-10 10:47
いつまでも美しくて綺麗になるために、どのようなことを考えてからおこなうのか?ほんとうに考えられるのかで大きく変わるために、工夫が必要になるはず。

30年も前から追求している人もいるそうなので、どれだけのこだわりを持つかで変わるはずなんですよね。本当にちょっとしたことだと思いますが、美容や内側と、外側、両方からのアプローチが大切になるために、しっかりとしたケアをどれだけこだわれるのか。

肌をより美しく整える美容法。それに対して内面美容は今夜作られる肌に栄養を与えることで、美しく育てる美容法。

つまり、こういったことに対して、どれだけ考え方を持てるかなんですね。こだわりを持つことで、きっと次にも繋がるために、しっかりとした考えのもとで、どれだけ次に生かせるかが大事になるはず。

[PR]
by tcgnote | 2015-11-04 17:42

料理をつくるのは難しい

毎日の食卓に、たくさんのsy句材を使ったメニューを頻数多く並べるためには、どんな工夫をするのがいいのか?常備が一番と言われるが。冷蔵庫の中に、酢漬け、煮物など、味が違うものを用意するのがベストと思ういます。

夕食の時に次の日の文を一緒に作って、出すだけでも、ぜんぜん違うとも思う。美味しいだけでなく、栄養や健康面を考えたら、かなりプラスになると思うし。

そこで、見せてもらった知り合いの料理プラン。やはり、考えた料理は違いますね。旨みたっぷりの食事で、ダイエットと感じさせないのもポイント。

体のこと、権衡のことを考えて、どれだけのことが、栄養分としてプラスになるのでしょうか?

ただ、毎日のように、栄養のあるものを作り続けることはかなり難しいとは思うのですが・・・。

[PR]
by tcgnote | 2015-01-28 17:35
自分に対する戒める心。最近は自己暗示をかけて、悩んでいる部分をどう治すか、心がけています。確かに、病気を治すには薬を服用することが大事だと思います。でも、最終的には、自分のメンタル的な部分をどう改善するかにかかっていると思う。っというのも、私が悩んでいるのが肥満です。

食べ過ぎてはいけないと思っているのですが、ついつい、ストレス解消のために、大量に脂肪たっぷりの肉、アルコールが含まれている酒を飲んでしまう。すると、自然と太りやすい体になるものです。これはいけないと思うのですが・・・ついつい、食べてしまうわけです。最初は、ダイエットのことを考えて、サノレックスという治療薬を考えました。しかし、美容クリニックで、検査を受けないと、サノレックスは処方されないそうです。
肥満とサノレックスの話そこで、諦めてメンタル的な部分を鍛えることに。最初は、このメンタル面を改善するために、色んな本を読んできました。しかし、どうしても効果が無い。そのために、自分の心の底にある部分を利用しなくてはいけないとともいます。つまり、弱い部分を改善させるためには、もうひとりの自分を利用し、強気な心で暗示をかけること。

私にはなんでもできる、どんなことがあっても必ず乗り越えることができる。このちょっとしたことを自分が自分に対して言い聞かせることです。いままでは「もしこんなことがあったらどうしよう、ヤラない方jがいいのか?」そんな弱気なことばかりを考えていた。それよりも、自分に言い聞かせることが大事、私だったら、どんなことでもできると、そうすることで、今までできなかったことも、から成らずできるようになるはず。

[PR]
by tcgnote | 2014-12-06 06:24

肩に負担を与えないこと

腰から肩、首筋のラインが本当にやばい感じです・・・これほど痛かったかな?これは、もしかしたら腕が上がらないのでは?そんな不安が立ち込めてしまうのですが・・・大丈夫なんでしょうかね、、、ついつい、そのままにしてしまうのですが、年齢などの影響で肩が痛くなり、そしてこのままにしておくことで、どんどんと肩が張ってきます・・・。こんなことをしていて本当によろしいのか?

それよりも、もっとちゃんとした対応の仕方があるのでは?そんなことを思ってしまいます。肩がどうしてこのようなことになったのか?関節やコラーゲンがや若くなり、体のあちこちが不安位なりやすい、、、そのために、このままにしておくことがいいのか?風呂に入ってからマッサージしたら治るのか?自分なりに考えたりするのですが、これといった効果は出てくれない、、

そこで、一度調べると緊張型頭痛と似たような症状のためん薬などを服用し痛みを和らげるのも一つのやり方としていいそうです。痛みを感じたらすぐに薬を服用し、そして、安静にしておくことが一番になるわけですね。

まずは無理をせずに肩に負担を与えないことが重要になると思います。

[PR]
by tcgnote | 2014-11-03 06:24