今日もハッハッハ


by tcgnote

緊張してしまうのが嫌だ

緊張していると起こっている人を目の前にして、ドキドキとした心臓の動悸が聞こえてしまいます。こういった症状をどうにかしなくてはと思うのですが、激しく動揺したり、とても緊張してた医療の汗をかいたりするもの。こういったのが本当にいけないことなんですが、どうにかしないと緊張が大きな影響して、精神的にもやられてしまうわけなんですよね。頭が真っ白になったり、顔がこわばってしまって表情が固まってしまったりもする。

体が思うように動かなくなったりする人もいるために、このようなことをうまく改善しておかないと本当に後からが怖くなる。会社の上司や先輩などとの会話が極端に苦手だという人はダメな人間だと思われたり失敗して叱られたりすることが合ったりするはず。こういったのって、緊張したり上がり用の人では本当に致命的なほど辛いことになってしまう。満足な受け答えができなかったり、的はずれなことを起こってしまったり、、、起こられたらかなり前に勧めなかったりすることもある。不安から何も言えなくなってしまい、他人の攻撃的な行動に敏感に反応してしまい、社交不安障害に発達してしまうことも。やりたいことが合っても緊張のせいでできずに諦めてしまうことも。どうしたら良いのか、どんなことをしたらいけないのかを考えて、自分にとってどのようなことをしたら悩んでいる部分を改善できるのかを考えておかなくてはいけませんね。早い段階から緊張しない薬などを服用して、自分のほんとうに辛いようなことをどうしたら良いのか考えてからうまく改善しておくことが重要。こういったことが自分のほんとうに辛いことになるはず。

[PR]
by tcgnote | 2016-04-10 15:28